間取りと耐震の関係を考える会

初めての二人暮らし

新婚。自分が実際、そこに立ってみて、夢見ていた世界が現実になるワクワクとドキドキにクラクラしました。部屋を探すとき、何を重要視したらよいか初めてのことでわかりませんでした。ネットで「二人暮らし」「間取り」と入れると2DKがオススメ、喧嘩した時逃げ場が無いため、部屋は最低でも2部屋は必要、という言葉がやたら目に入ってきます。周りの友人に聞いてみても、同じような回答でした。

まずは見てみよう

私は「まずは見てみよう」と、何件も物件を見ました。間取りを見る上では、広さはもちろん、動線も見ました。以前一人暮らしをした際に、住んでみてお風呂上がりの脱衣所がないことに気づいたり、1人では広すぎて家具が部屋のサイズに対して小さく、ポツン、ポツンと寂しい部屋になった経験があったからです。また、友人から「間取りや家賃にあう人が住むから、あまり狭い部屋や家賃の低い部屋には済まない方が余計なトラブルを生まない」とアドバイスをもらっていたため、なおさら2DKほどの部屋を目安に探しました。

間取りだけでは部屋は決められない

ただ、間取りだけでは部屋は決められません。場所や交通状況、駐車場の有無、駐車場料金、階数、景色、耐震などなど探しはじめると意外にも自分のこだわりがどんどん出てきます。営業の決まり文句なのか、個人的な本音なのか「理想どうりの部屋は、本当に見つけることは困難です。何が妥協できることなのか、それだけ大事にすると決められますよ」と言われました。せっかく二人暮らし初めてだし、新婚だし、帰ってくるときに嬉しいな、と思える家がいいと思います。

最終的に選んだ部屋

そして大事なことはそれが身の丈であることだと考え直しました。最終的に選んだ部屋はなんと広めのワンルームでした。周りには驚かれましたが、2人とも性格も似ているため現在1ヶ月経過しましたがなんのストレスも感じません。家は毎日の幸せづくりの場所です。身の丈で無理なく、自分なりの工夫ができればそれでいいのだな、と感じました。

健康でくらせる間取り

この先、家族が増えて一戸建てのマイホームを建てたいので、
今から家族が健康で暮らせる間取りについて考えていきたいと思います

㏚|工務店向け集客ノウハウ
生命保険の口コミ.COM
生命保険の選び方
クレジットカードの即日発行じゃけん
お家の見直ししま専科
健康マニアによる無病ライフ
女性向けエステ.com
マッサージのリアル口コミ.com
住宅リフォーム総合情報
英語上達の秘訣